京つう

  京のアーティスト  |  北区

新規登録ログインヘルプ


小塩便り52 大雪!

2017年02月15日

猛烈な寒波で、日本海側の各地に大雪をもたらした先週。

小塩も積雪85cmの豪雪でした。
ここ数年、雪が少なかったので、びっくり!

銀世界をご覧下さい。


道の奥が山荘です。 2017/02/11  12:09
この辺りは除雪車で雪かきされていますが、
途中で終わっていました。

車も近づけず、膝まで雪に埋まってのラッセル!
食料などの荷物運びに、ひと苦労。


山荘は、すっぽり雪の中!  2017/02/11
雪はどんどん降り積もり・・・。


翌日は、枯れ木に花が咲きました。 2017/02/12  9:52






スキーウエアーで完全装備。カメラを携えて散歩に出掛けました。


雪かきされた後に、うっすらと新雪が積り、私の足跡が・・・。
鹿の足跡も有りました。




小塩川も、そびえ立つ北山杉も、寒そう!




十年ぶりぐらいでしょうか、久々の豪雪!  2017/02/12

村の人たちは、雪下ろしや雪かきで大変です。
「もう降らないと思っていたのに、いつまでも降り止まなくて!」と。

雪の小塩でした。

今も雪花が舞っているのでしょうか・・・。


  


Posted by あかねさす at 16:33Comments(0)自然

東北訪問 平泉~奥入瀬渓流~八甲田山 4

2016年11月22日

2016年10月25日(火) 晴れ/曇り

雪の八甲田山!

今日の予定は、101人乗りの八甲田ロープウェイで八甲田自然公園まで上り、
雲上の散策です。ロープウェイを降りると新雪がお出迎え。雪の赤倉岳山頂にも立てました。

前日は、ロープウェイがしばしば止まるほどの風雪で、荒れた天気との事でしたが、
今日は、風もなく穏やかです。昨日は、十和田湖も午後は荒れていました!


          酸ヶ湯(すかゆ)温泉  2016/10/25 9:21
酸ヶ湯温泉は、混浴の千人風呂で有名な、一軒宿の秘湯です。
現在は、8時から9時は女性専用になっていて、千人風呂を女性だけでゆっつたり
楽しめます。嬉しいですね~。
でも、その流れに反対する「混浴を復活させる会」のポスターと、署名を求めるビラも置かれていて、
少し笑ってしまいました。



         酸ヶ湯温泉遠望


            温泉前のナナカマド


八甲田連峰の大岳(標高1584.5m)を望む  2016/10/25  9:25

酸ヶ湯温泉を少し上ったパーキングから、鳥居をくぐって、
登山道が大岳へと続いています。

紅葉と新雪。自然からの素敵なプレゼント!

酸ヶ湯温泉を10時30分発位のバスに乗り、八甲田ロープウェイ駅まで移動。
ここも観光客の行列で、ごった返していました。

八甲田ロープウェイは、標高1300mの山頂駅まで10分です。


   八甲田山ロープウェイの山頂公園駅  2016/10/25 11:16
    雪のお出迎えに、みんな大はしゃぎ!  


遠くに、岩手山が浮かんでいます。手前はナナカマドの実。


          田茂萢湿原と八甲田連山  2016/10/25 11:37


      雪をざくざくと踏んで歩くのは、とても気持ちが良い。
地図で見ると、冠雪した赤倉岳(中央にそびえる山)まで約1時間の登りです。
風は無く、天気も急に崩れそうにないので、靴紐を絞め直し、山頂めざしていざ出発。


         山頂近くに建つ祠  2016/10/25  12:46
 雪を踏みしめて登って来ると、ここは厳しい冬景色でした。
祠に、「エビのしっぽ」が!初めて見ました!


    赤倉岳山頂(標高1541m)  2016/10/25  12:53
気温は氷点下。誰もいず、僅かな踏み跡もここで終わってました。


風が強く、山頂付近は、「エビのしっぽ」が発達していました。まだ10月なのに・・・。



    

     エビのしっぽ  2016/10/25 12:57
エビのしっぽは、樹氷の1種で、空気中の水滴や水蒸気、雪などが
強風で木などに付着。風が強いほど風上に向かって羽毛状に成長します。
この形から海老の尻尾と・・・。
風の方向、解りやすいですね。


      真冬、白銀の世界に紛れ込んでしまったよう!


    一歩一歩、注意して雪道を下ります。 2016/10/25 13:01
   遠くに 青森湾と青森市が見えています。左の山上に小さくロープウェイの駅も。




雪の八甲田山。名残りを惜しみなが、キュッとキュとなる雪を楽しみました。
すれ違った人は、一組のご夫婦のみ。
ロープウェイの辺りは、観光客で賑わっていましたが、あの絶景に出会えたのは、どうやら3人だけのようです。

14:30発のロープウェイで下山。15:03発の青森行の東北JRバスに乗車。


  下りの ロープウェイからの紅葉   2016/10/25  14:35

山上駅には11時過ぎに着いたので、約3時間半の、素晴らしい八甲田山の雪山体験でした。



            青森駅前   2016/10/25  19:14
夜になり、結構激しい雨になりました。
今日のお宿は、21:00青森発のJR高速夜行バス。東京駅に翌日の6:35に到着です。

今回の旅行は、盛り沢山で、後半は一人旅。ちょっぴり心配をしていましたが、
天気に恵まれて、思い掛けなく雪の八甲田山(赤倉岳)まで行けました。
バスや電車の乗継も、余裕を持ってでき、緊張しながらも、楽しく嬉しい日々でした。

もたもたしていて、1ヶ月遅れのブログになってしまいました。

奥入瀬渓流も八甲田山も今ごろは、すっかり冬景色なのでしょうね。


  


Posted by あかねさす at 21:35Comments(0)自然山歩き

東北訪問 平泉~奥入瀬渓流~八甲田山 3

2016年11月14日

2016年10月24日(月) 曇りのち雨

奥入瀬渓流ハイキング

八戸駅を8時に出発する十和田湖行のバスは、超満員。

臨時バスが1台出ましたが、補助席を上げてぎゅうぎゅう詰め。
出発が30分遅れました。


   時折、時雨がぱらつき、車窓から虹が見えました! 2016/10/24 9:36


        奥入瀬渓流の紫明渓で下車。 2016/10/24  10:00
長年憧れていた、紅葉の奥入瀬ハイキングです。


          黄金に輝くトチの葉。    2016/10/24  10:39






  陽が射すと、水面も木の葉もキラキラ輝きます。


    落ち葉の小径を辿って・・・。2016/10/24  10:53


           溜まりに吹き寄せられた木の葉




              車道のすぐ横を、渓流が流れています。



     奥入瀬川に流れ落ちる滝をパチリ!


         銚子大滝  2016/10/24  13:41
  高さ7m、幅20m、水量が多く、近付くとしぶきが掛かりそうでした。
ここまで来ると、十和田湖の「子ノ口」まで、あと一息。


      子ノ口水門  2016/10/24  14:03
奥入瀬渓流の水量は、この水門によって調整されています。


       十和田湖到着。  2016/10/24  14:15
しだいに雨と風が激しくなり、、湖面は、白波が吹き荒れていました。
湖岸に激しく荒波が打ち寄せ、傘を差せないほどの風雨です。
子ノ口バス案内所で、酸ヶ湯(すかゆ)温泉までの乗車券を買い、ホッと一息。

今日の、紫明渓から子ノ口までの奥入瀬渓流ハイキング(約13km)。
時折時雨れましたが、陽が射すと、雨に濡れた木の葉がきらきら舞い散り、
何度も歓声をあげていました。
渓流に沿った遊歩道は、歩きやすく道標や案内板もしっかり付いています。
上流に行くにつれ、観光客が多くなり、車の渋滞も発生していましたが・・・。

今日のお宿は、酸ヶ湯温泉。
子ノ口15:11発、青森行のJRバスで酸ヶ湯温泉に向かいます。
ちょっぴり疲れました。おんせんが楽しみ!


  


Posted by あかねさす at 16:48Comments(0)自然ハイキング

東北訪問 平泉~奥入瀬渓流~八甲田山 2

2016年11月11日

10月23日(日) 晴れ

京都から一関まで一緒だった友人と、一関駅で別れ、私は八戸へ。
八戸から奥入瀬、十和田湖方面へのバスが出ています。

彼女は、東北新幹線で青森へ。その後、JRバスで八甲田山荘へ向かいました。
山荘で、山仲間たちと落合い、八甲田山登山との事。


私も影響を受けて、今回の旅行に八甲田山の地図を携帯してきました。


盛岡から八戸までの銀河鉄道  2016/10/23 14:13

二両編成の電車ですが、トイレが付いています。
岩手山が近くに見え、あちこちにリンゴが赤く実っていました。


           銀河鉄道の車窓からの、岩手山


         小さなトンネルを抜けて! 
トンネルに近づくと、「ピー!」と汽笛を鳴らします。


            八戸の夕景  2016/10/23  16:35
            瞬く間に、日が沈みました。

明日はいよいよ、奥入瀬渓流を歩きます。
  


Posted by あかねさす at 16:07Comments(0)自然ハイキング

小塩便り45 早春!

2016年03月26日

今年は雪がほとんど降らず、小塩の春は、
例年より早いのでしょうか・・・。

3月19日に訪れると、川津桜が咲いていました。


川津桜  2016/03/19
3年ほど前に、苗木を植え、今年初めて花が咲きました!


大きく育った小梅の樹


軒先の白梅


雫・・・。


馬酔木(アシビ)
毒性があるので、鹿は食べないと言われているのに、
新芽が、食害に遭っている馬酔木も有ります。

鹿の食進化、恐るべし!


福寿草
多年草で、毎年「春」を告げてくれます。

バックの、みずみずしい緑は「キツネノカミソリ」
葉は、夏に消え、その後,秋に花が咲きます。


ふきのとう
雌雄異株だと、初めて知りました。
この方はどちら・・・?


山芍薬  2016/03/19
蕾が、しっかり付いています。


こちらも、山芍薬!  2016/03/19
様子が、少し違います。

春の兆しが、嬉しい小塩です。


  


Posted by あかねさす at 21:13Comments(0)自然

小塩便り44 雪景色♪

2016年02月02日

この冬の初雪は、1月17日。

こんなに遅い訪れは、初めてです。


土手の落ち葉に、うっすらと初雪! 2016/01/17


霜が降りてるみたい・・・。


熊笹(クマザサ)にも・・・。


小さな雪の結晶が見られる程の、わずかな初雪です。


椿の葉にも・・・。 2016/01/17 


春を待つ、辛夷(コブシ)の蕾   2016/01/17
この日の淡雪は、昼前に消えていました。

そして、1週間後。


雪! 2016/01/24  10:28


鹿がウロウロしたようです。


雪面に、光の波が浮かびました!


水面の光はきらきら、ゆらゆら・・・。 2016/01/24  14:20


気温は、氷点下。庇の苔に氷が!


雪も、不思議な形で苔に被さって!


夏椿の枝は、天を指して・・・。 2016/01/24
空の蒼さが目に沁みます。

日本列島を記録的な寒波が襲い、あちこちに被害が出た日。
小塩は快晴でしたが、厚く張った氷はいつまでも融けませんでした。




  


Posted by あかねさす at 14:37Comments(0)自然

小塩便り43 朝靄 湧き立つ

2016年01月12日

穏やかな正月を、小塩で過ごしました。

暖かな陽射しに誘われて、小塩川の土手を散歩していると、

朝靄が、ゆらゆらと立ち昇っていました。


      2016/01/03  10:57


湧き立つ靄(もや)は、生き物の様!


神秘的な光のシャワーに遭遇!
思わず、杉木立の中へ足を踏み入れていました。


2016/01/03  11:00


小塩川右岸の土手を、ゆっくり辿り・・・。


陽が射して来て、朝靄現象はそろそろ終了です。 11:05


魚が遡行出来るように作られた堰  2016/01/03 11:19

2016年、正月の一コマでした♪

  


Posted by あかねさす at 16:53Comments(0)自然

小塩便り42  杉皮葺きは、苔たちの世界!

2015年12月25日

落葉樹の、楓や桜、夏椿たちは葉を落とし、春まで冬ごもり。

代りに、苔の緑がしっとりと、みずみずしい。


いつの頃からか、苔の魅力に目覚めました。 2015/12/22


門庇の苔です。




何種類もの苔が、共同生活?


苔の赤い朔(さく)と、まだ固い梅の蕾と。 2015/12/22


こちらは馬酔木(アシビ)の蕾 2015/12/22
春の準備は、着々と進行しています。


そして、姥百合はこんな姿に!

自然は、奥が深い・・・。

  


Posted by あかねさす at 18:58Comments(0)自然

常照皇寺の翌日 小塩東谷の紅葉を愛でに

2015年11月19日

常照皇寺を訪れた翌日。

今日(11月10日)も、時折細かい霧雨が、杉林をかすめます。

傘を片手に、長靴を履いて、東谷を散歩しました。


東谷の紅葉  2015/11/10  9:17


同じ場所の帰り道  9:54
川が左側に流れています。 


落ち葉が、雨に濡れて・・・。


自然の絨毯!


空木(ウツギ)の紅葉





新緑の頃のような、風景も!











渋柿でしょうか? 10:45
山の空気がおいしく、散歩後のコーヒーも美味しかった!

午後は、山国辺りから周山まで、のんびり歩きました。

小さな村落を抜け、桂川沿いの土手をたどり・・・。

所々に、「京都トレイル」や「近畿自然歩道」の標識が、立っていました。


山国神社近くの桂川 2015/11/10  14:10


北山杉と桜の紅葉  2015/11/10  14:28

山登りも好いけれど、今回の様な、友との、のんびりハイキングも楽しく

幸せな時間でした♪
  


Posted by あかねさす at 15:52Comments(0)自然ハイキング

小塩便り 31 先々週の大雪!先週の銀世界!

2015年01月22日

先々週。

今年、初めての小塩行きです。
1月9日の夕方から出掛けました。

家を出るころ降っていた雨は、周山に近づくと「みぞれ」に変わり、
標高360mにある小塩では、雪に! 気温は、-3°c さむ~い!

翌朝の景色です。


銀世界! 2015/01/10  9:22

もみじの枝に雪花が咲きました。 2015/01/10

大きな長靴を履いて新雪をザクザク 2015/01/10  13:00

奥を横切っているのは、鹿の足跡。
まっすぐに伸びているのは、車の足跡です。

そして、再び訪れた先週。
横殴りの雪が、一日中降っていました。


2015/01/17  12:05


2015/01/17  12:05


見る見るうちに、枯れ木に花が咲きました! 2015/01/17 13:29


  


Posted by あかねさす at 13:20Comments(0)自然

小塩便り30 初雪!

2014年12月10日

先週の日曜日、朝 起きると雪景色!

初雪です。


初雪  2014/12/07   8:53


もみじの枝も雪化粧
二週間前の見事な紅葉が夢のよう!


チカラシバは、お辞儀をしています。


雪帽子をかぶった夏枯草(カコソウ)


松風草の冬枯れです。  2014/12/07  9:00


馬酔木(アセビ) ツツジ科
アセビの蕾も震えてる?

淡雪は、昼頃にはすっかり溶けてしまいました。

昨年は、12月16日に初雪便りを投稿しています。

少し早い雪の訪れです。


  


Posted by あかねさす at 14:26Comments(0)自然

小塩便り29 もみじ 燃える!

2014年11月28日

小塩には、もみじの木が何本かあります。

先週、空を覆うように広がったもみじに斜光がさし、

何とも、神秘的な光景に遭遇しました。


2014/11/23   14:55


2014/11/23   14:56
光が変り、15時、太陽は山に隠れてしまいました。


2014/11/24   13:11  
翌日、昼すぎ。今年は、紅葉がきれいです!


小塩の、紅葉狩りでした。
  


Posted by あかねさす at 16:49Comments(0)自然

伝説の「夜叉ヶ池」へ!

2014年10月18日

先日、夜叉ヶ池を訪れました。

夜叉ヶ池は標高1099m。福井県と岐阜県との県境にあり、
神秘的で哀切な物語が伝わっています。

大蛇が棲むと言われ、泉 鏡花が戯曲「夜叉ヶ池」を書き、
坂東玉三郎主演での映画にもなりました。

近年、山歩きの人たちに人気があり、大勢の登山者が訪れているとか…。


福井県側の夜叉ヶ池登山口  2014/10/11
ここで登山靴に履き替えて、夜叉ヶ池まで約2時間の登りです。


夜叉滝


紅葉を期待していたのですが、少し早かったようです。


でも、足下に小さな色づき発見!


夜叉ヶ池   2014/10/11   9:50


夜叉ヶ池   
県境の尾根から望む池は、神秘的!
三周ヶ岳へ辿る径が、右手に見えます。


夜叉ヶ池   
池の向うは、水ぎわに造られた木道と休憩場所。
この辺りは、「夜叉ヶ池水生昆虫生息地保護林」に指定され、
世界で、ここだけの「ヤシャゲンゴロウ」が生息しています。  

  

尾根を挟んで、岐阜県側の斜面と岩峰。



竜胆(オヤマリンドウ)  リンドウ科    2014/10/11 10:50
登山客が増えてきました。私たちはそろそろ退却です。
リンドウが微笑んでいました。

夜叉ヶ池では、自然環境を守る「夜叉ヶ池パトロール員の会」の方が、
池の水温を測り、ヤシャゲンゴロウ(体長15~20mm)の様子を観察。
「ほら、そこに泳いでるよ」と。ヤシャゲンゴロウより一回り大きなオタマジャクシの姿も!

12時半ごろ登山口に下山。久しぶりの山歩きに、こころ洗われた時間でした。
後日、少々脚が痛みましたが・・・。
  


Posted by あかねさす at 17:53Comments(0)自然山歩き

アイスランド紀行 その4  壮観・絶景

2014年08月29日

早いもので、もうすぐ9月。

でも、今回もアイスランド紀行です。

旅行中は天気に恵まれ、すばらしい景色に出合えました。


地熱発電所近くの風景です。  2014/02/27


2014/03/28
アイスランドは右側通行。昼間もライトを点けるよう定められています。
 

アイスランドのマッターホルン? 2014/03/29

上の写真近くの断崖です。 2014/03/29


スナイフェルスネス半島ドライブの車窓より。 2014/03/29


2014/03/30
2連泊したハーマルのホテルからの眺望。 ここで2夜連続のオーロラショーを堪能しました!


ブルーラグーン  2014/03/30
人気スポットの世界で1番大きな露天ぶろ。

地熱発電所(奥の建物)の余熱を利用していて、
水着を着けて入ります。

ご紹介したい風景はまだまだ在るのですが、今回はこの辺で・・・。  


Posted by あかねさす at 16:13Comments(3)自然観光

アイスランド紀行 その3 教会のある風景

2014年08月26日

アイスランドは、厳しい自然の中に愛らしい教会が建っています。

雪山を背景に! 地球の割れ目、「ギャウ」の中に!アイスランド最南端の丘の上に!

今回はそのご紹介です。


近くには、馬が放牧されていました。 2014/03/27


アイスランド最南端「ヴィーク」の丘に佇む教会 2014/03/27


地球の割れ目「ギャウ」にも教会が! 2014/03/28

北アメリカプレートと、ユーラシアプレートとは、最大8kmも離れています。
そして、今も広がり続けています!


こんなモダンな教会もありました! 2014/03/29


教会の内部。マリヤ様は、オーロラの女神さまのよう・・・。


教会からは氷河が望まれ、紺碧の北の海は静かでした。 2014/03/29


車窓からのワンショット 2014/03/29

氷の湖と雪山に抱かれて、人の気配がありました。


 

  


Posted by あかねさす at 14:06Comments(0)自然観光

アイスランド紀行 その2 氷河と滝

2014年08月19日

8月16日の大文字の送り火は無事に灯り、お盆も過ぎたのに、

また、猛暑の再来!

そこで、アイスランドの涼風をお届けします。


ソルヘイマ氷河 2014/03/27


観光の家族?
この氷河の下には火山が眠っています。アイスランドは、国土の11%が氷河!


ハクシ滝 2014/03/28
太陽の光を受けて、すべてがキラキラ輝いてました。


セリャランスフォス滝(落差65m)  2014/03/27


ゲトルフォス滝  2014/03/28


ゲトルフォス滝  2014/03/28

滝のすぐ近くで写真を撮ってる人たちが、豆粒みたいに写っています。
左手遠くには、雪山!

少しは、涼めましたかしら・・・?


 

  


Posted by あかねさす at 16:57Comments(0)自然観光

小塩便り22  山芍薬、野の花咲く!

2014年05月07日

山芍薬が今年も咲きだしました。


山芍薬(ヤマシャクヤク) キンポウゲ科   2014/04/29
今年は、開花が少し早いようです。遅咲きの方は、まだ葉も開いてませんが・・・。


羅生門蔓(ラショウモンカズラ) シソ科


タンポポ畑も出現!   2014/05/04


馬の足形(ウマノアシガタ)  キンポウゲ科


シャク   セリ科
やわらかな葉をつんで「おひたし」にします。
芹に似た香りがし、春の恵みです。


天南星(テンナンショウ) サトイモ科
テンナンショウの仲間は、マムシグサ等たくさんあり、同定が難しい。
鹿が食べないので、増えて来ています。


奥の一本桜が満開です!たっぷりあった雪は姿を消し、
わらびが顔を覗かせていました。

  


Posted by あかねさす at 14:55Comments(0)自然

京都 比叡山の春!

2014年05月01日

先日、比叡山(標高848m)の頂きにある「ガーデンミュージアム比叡」を訪れました。

印象派の画家(モネ、マネ、ルノアール、)たち、セザンヌ、ゴッホの作品が、

花いっぱいのフランス式庭園の中に展示されています。


この絵は、ルノワールの「パラソルをさした女」


「睡蓮の庭」
光りがあふれ、印象派の絵のようです。


こんな楽しい「おもてなし」も!


でも、もっと心惹かれたの山の息吹きでした。山桜とツツジに歓声をあげてました。


つつじの小路


山桜も霞のよう・・・


山の春です!


石楠花が咲いてました。

山頂にある「ガーデンミュージアム」へは、叡電とケーブルで行きました。

でも、下山は頑張って歩きましたよ。

山頂から標高差約800mの下り!
結構きつかったけど2時間できらら坂をくだり修学院に到着しました。

山は良いですね~。
  


Posted by あかねさす at 22:30Comments(0)自然山歩き

弥生の淡雪 クリスマスローズに! 

2014年03月11日

真冬のような寒波!

クリスマスローズの復活?ストーリーです。


棚に置いてるクリスマスローズ  2014/03/11  7:52
雪と寒波でうなだれています。薄氷が張ってました。


少し元気になって来ました!   9:23
でも、まだ雪帽子が乗ってます。



早朝のたたずまいとは、一変!   11:06


陽光に輝いています!  13:06


こちらの鉢も元気です。  13:06

クリスマスローズの、受難と復活?の物語(写真)でした(^_-)-☆
  


Posted by あかねさす at 20:48Comments(0)自然

小塩便り20 ふきのとう発見!

2014年03月05日

あんなに沢山あった雪も解け、

ふきのとうが、春を告げていました。

天然なめこも発見!

雪解けで、鹿の“落し物”もあちこちに顔をだしています。


雪間に、黒豆のような鹿の落し物


こちらは、天然なめこです。
おそばの具材になりました!


ふきのとう
まだ蕾は固い!


今回の収穫  2014/03/02   11:00
後日、天ぷらにして早春の恵みをいただきました。

雪景色も良いですが、春の訪れは、やはり嬉しく喜びです。
  


Posted by あかねさす at 14:51Comments(0)自然