京つう

  京のアーティスト  |  北区

新規登録ログインヘルプ


愛知県 知多半田、 矢勝川堤の300万本の彼岸花!

2015年10月03日

九月の最終日。

半田に住む友人の案内で、彼岸花咲く 矢勝川堤を歩きました。

30年ほど前に、一人の人が始められたと聞く運動は、大きく育ち、
今年は、300万本に!

土手が赤く染まると言う、花の盛りは過ぎていましたが、
沢山の彼岸花に、出会えました。


半田口駅に降り立つと、ごんぎつねの看板が出迎えてくれました。
「ごんぎつね」は、新美南吉の童話で、小学校の教科書に載っています。
ここは、彼のふるさと。


 矢勝川堤のヒガンバナ



近付くと花火の様!

彼岸花(ヒガンバナ) ヒガンバナ科
田んぼの中に、ごんぎつねの顔が・・・。
9月19日から、10月4日まで「ごんの秋祭り」が催されています。

彼岸花のグラデーション


コスモスや、マツバボタンも咲いていましたよ。
コスモスの奥は、マツバボタンの花の絨毯です。


松葉牡丹(マツバボタン) スベリヒユ科
陽光にキラキラ、蛍光色に揺らめいていました。
ミツバチの姿も!



これは、半田赤レンガ建物。
明治時代のビール工場です。



半田運河

夕刻、港に案内して頂き、「ボラ」のジャンプを見学。
あちこちで無心に跳びはねる魚の姿に、思わず笑っていました。

楽しい、日帰りの小旅行でした♪



  


Posted by あかねさす at 15:07Comments(0)観光