京つう

  京のアーティスト  |  北区

新規登録ログインヘルプ


近江商人のふる里 五個荘探訪

2014年10月09日

先日、近江商人発祥の地のひとつ、五個荘を訪れました。

平日の為か、バスで降り立ったのは、私たち二人だけ!

「五個荘、貸切り状態ね」とは、友の弁。


五個荘 弘誓寺前の掘割水路 2014/10/02 10:29
錦鯉が、みちさき案内?


五個荘 外村繁邸(外村繁文学館)にて    11:18
2階の外廊下から庭を見下ろして


五個荘 外村宇兵衛邸の川戸    12:35
川戸とは、屋敷内に水路から水を引き込み、
屋根をかけた、洗い場のこと。
防火用水にもなり、魚も飼えると。鯉が泳いでます!


五個荘 中江準五郎邸にて   13:50
邸内の内蔵に、全国の土人形が展示されています。




博多の土人形もありました。
 


近江商人屋敷 藤井彦四郎邸内の山荘風洋館  15:34
8,155㎡の敷地に、琵琶湖を模した池をめぐる、豪壮な庭園があります。
建物も広大で、洋館の他に、客殿、母屋、土蔵などがつらなり、迷子になりそうでした。


刈り取りの済んだ田圃のあぜに、秋の味覚が色ずきはじめていました。


帰りの、バス停の前には、コスモスが揺れて・・・。 2014/10/02  16:01

のんびりした、日帰り旅行でした。

思いがけなく、土人形に出合えたのも嬉しかった。

外村宇兵衛邸には、雛人形が多数展示されていたのですが、撮影に失敗!
愛らしい殿や姫たちは、暗闇の中に消えてました。十人!ばやしの童たちも。  


Posted by あかねさす at 13:42Comments(0)観光ウォーキング

アイスランド紀行 その6 オーロラ!

2014年09月29日

アイスランド紀行の最終回は、オーロラの写真です。

現地ガイドが「この冬で最高!」と宣言したオーロラを、
2夜連続で、体験しました。

まるで生き物のように揺らめき、シャワーとなりふりそそぎ、
夜空をはためき・・・。 

真夜中の星空の下、音の無い、妖しくも、ダイナミックなオーロラショーに、
魅せられていました。
2時間近くも!

でも、写真に撮るのは難しく断念! 絵葉書でごらん下さい。


首都レイキャヴィクの夜景と競演です。





これは、生写真です。
休憩した、田舎の小さなお店の壁に、貼ってありました。
赤いオーロラが珍しい!


アイスランドのパンフレットの表紙写真です!

オーロラは、ホテルの前庭から観られました。

「オーロラでたよー!」の現地ガイドのノックで外へ飛び出すと、
そこにあこがれの女神(オーロラ)が!

また、気温は、-0℃前後とアラスカやカナダのように寒くなく、
昼間は、半袖の人を見かけましたよ。

ご紹介したい写真は、まだまだ有るのですが、アイスランド紀行は、
今回で、ひとまず終了いたします。

お付き合い頂き、ありがとうございました。

  


Posted by あかねさす at 17:56Comments(0)自然との交感観光

アイスランド紀行 その5 こども達のいる風景

2014年09月10日

厳しい自然と向き合って暮らす、アイスランドの人々。

教育や文化、生活水準は高く、こども達の姿をよく見かけました。

今回はこどもが主役だす。


ソルヘイマ氷河にて 2014/03/27
ママの手を引いて先に登ってます!


ゲトルフォスの滝近くで 2014/03/28
彼は、滝見学より薄氷や新雪に興味がありそう・・・。


アイスランド西部 スナイフェルネス半島にて 2014/03/29
自転車に乗ってない子が、ヘルメットを着装。
「早く、代わってくれないかな~。」


2014/03/29
こちらは姉妹でボール遊び!


2014/03/29
女の子たちがベビーカーを押して、行ったり来たり!


首都レイキャビクにて 2014/03/31
白鳥、雁、鴨たちが羽を休めるチョルトニン湖は、憩いの場です。
私も湖畔のベンチで一休み。ゆったりした時間を楽しみました。

 

  


Posted by あかねさす at 23:27Comments(0)観光

アイスランド紀行 その4  壮観・絶景

2014年08月29日

早いもので、もうすぐ9月。

でも、今回もアイスランド紀行です。

旅行中は天気に恵まれ、すばらしい景色に出合えました。


地熱発電所近くの風景です。  2014/02/27


2014/03/28
アイスランドは右側通行。昼間もライトを点けるよう定められています。
 

アイスランドのマッターホルン? 2014/03/29

上の写真近くの断崖です。 2014/03/29


スナイフェルスネス半島ドライブの車窓より。 2014/03/29


2014/03/30
2連泊したハーマルのホテルからの眺望。 ここで2夜連続のオーロラショーを堪能しました!


ブルーラグーン  2014/03/30
人気スポットの世界で1番大きな露天ぶろ。

地熱発電所(奥の建物)の余熱を利用していて、
水着を着けて入ります。

ご紹介したい風景はまだまだ在るのですが、今回はこの辺で・・・。  


Posted by あかねさす at 16:13Comments(3)観光

アイスランド紀行 その3 教会のある風景

2014年08月26日

アイスランドは、厳しい自然の中に愛らしい教会が建っています。

雪山を背景に! 地球の割れ目、「ギャウ」の中に!アイスランド最南端の丘の上に!

今回はそのご紹介です。


近くには、馬が放牧されていました。 2014/03/27


アイスランド最南端「ヴィーク」の丘に佇む教会 2014/03/27


地球の割れ目「ギャウ」にも教会が! 2014/03/28

北アメリカプレートと、ユーラシアプレートとは、最大8kmも離れています。
そして、今も広がり続けています!


こんなモダンな教会もありました! 2014/03/29


教会の内部。マリヤ様は、オーロラの女神さまのよう・・・。


教会からは氷河が望まれ、紺碧の北の海は静かでした。 2014/03/29


車窓からのワンショット 2014/03/29

氷の湖と雪山に抱かれて、人の気配がありました。


 

  


Posted by あかねさす at 14:06Comments(0)観光

アイスランド紀行 その2 氷河と滝

2014年08月19日

8月16日の大文字の送り火は無事に灯り、お盆も過ぎたのに、

また、猛暑の再来!

そこで、アイスランドの涼風をお届けします。


ソルヘイマ氷河 2014/03/27


観光の家族?
この氷河の下には火山が眠っています。アイスランドは、国土の11%が氷河!


ハクシ滝 2014/03/28
太陽の光を受けて、すべてがキラキラ輝いてました。


セリャランスフォス滝(落差65m)  2014/03/27


ゲトルフォス滝  2014/03/28


ゲトルフォス滝  2014/03/28

滝のすぐ近くで写真を撮ってる人たちが、豆粒みたいに写っています。
左手遠くには、雪山!

少しは、涼めましたかしら・・・?


 

  


Posted by あかねさす at 16:57Comments(0)観光

アイスランド紀行 その1

2014年08月09日

今年の3月下旬に、アイスランドを訪れました。

最大の目的は、オーロラです。

この冬最高のオーロラに出合えました。
天空を舞う光りのショー!現地ガイドさんも感動してました。
「最高!ベスト1!」と。

翌晩は、より激しく動き、シャワーの様なオーロラ爆発も見られ、
「すごい…!!!」 
2時間近く、天体の不思議なショーに言葉をなくしてました。
でも、オーロラを写すのはむずかしく・・・断念・・・。

オーロラ以外の、アイスランドの旅行写真です。

まずは、ハイライト。


間欠泉 ストロックル  2014/03/28

アイスランドと言えば、氷に覆われた人も住まない土地を想像しますね。

でも火山国で、地球の割れ目が国を縦断している「火の国」です。
いたるところに温泉が湧き、世界1大きな露天風呂があります。

地熱発電が進んでいます。


地熱発電所 ヘトリスヘイジ  2014/03/27
アイスランドで最新の地熱発電所。日本企業も進出しています。 



地球の割れ目「ギャウ」に広がった湖  2014/03/28
北米プレートとユーラシアプレートは、毎年2,3㎝ずつ離れつつあるとか・・・。



アイスランドの首都 レイキャヴィク  2014/03/31
アイスランドの概要を少々。
正式名 アイスランド共和国
人口  319,000人(2012年1月現在) 平均年齢 35.6歳
     
  
首都  レイキャヴィク
政治  議会共和制
宗教  キリスト教福音ルーテル派(約86%)
面積  日本の約3分の1

世界で初めて民主的な議会が開かれた、と言われる国。
世界で初めて、女性の大統領が選出された国。
そして、男性の世界長寿国、第2位!

興味深い国です。



アイスランドの首都 レイキャヴィクのコンサートホール HARRA


アイスランドの野外彫刻
あちこちで、新鮮な表現に出合いました!


ゲトルフォスの滝   2014/03/28
雪解けの時期で、すごい迫力!


鏡の湖  2014/03/28
自然も圧倒的です!
  


Posted by あかねさす at 21:39Comments(0)自然との交感観光